保険の見直しでラクラク家計再生!

保険の見直しでラクラク家計再生!

保険の見直しで家庭経済再生

私の弟が焦って保険の見直しをし出しました。
それは、保険料のステップ亜アップの日が間近だったからです。
昔の保険は、給料は年を追う毎にアップするという年功序列形式が当たり前だと思われていましたが、あまり景気の良くない日本の経済の不安定性は、その在り方も崩してしまいましたから、給料が反対に下がっている弟にとってステップアップ形式の保険には入ってはいられなくなったからです。
それでも貯蓄型だからと、解約を途中ですることの損のほうが大きいと思い、悩んでいたら、つい目先にその非g近づいてきたという状況です。
実際に、最後までその保険を掛けたとしても、戻ってくるお金はかけた金額よりも低いのは、保障分がとられるのですから当然ですので、その分を考えると、早く解約をして、安く保険をプランする方が、十分に解約分の損を取り戻せると考えたことや無理して支払いができなくなるのもばかげていると思ったからでした。
そこまでは、弟は非常に英断をしたと思うのですが、そこから先が大変でした。
生命保険に所得保障、入院保障、死亡保険、がん保険と掛け捨ても色々とある上に保険会社も色々とあり、積立があれば掛け捨てがあり、長期型に短期型終身型というのもあります。


これではどうしようもないからと、広く保険に通じていて、長期間保険会社に勤める友人にアドバイスを求めましたが、特定の保険を勧めるばかりで、保障のバランスに不安がよぎり、複数の保険会社の保険を扱っている保険会社との仲介を業務にしている代理店の社員の人に説明を要請しました。
何社もの生命保険や掛け捨ての死亡保険などの資料を、こちらの希望時間、希望場所に持ってきて、説明をしてくれました。
トータル的に色んな保障に優れた生命保険に今のライフスタイルに必要な部分の保障を厚くするために、死亡保険を十年間つけることにしました。
中心になる保険は掛け捨てでも終身型で、一部の時期だけ厚くする保険は短期型のものを組み合わせて、保険料は一万円に満たないで、非常に高い保障を得られます。
何万円も保険料が変わることで生活にゆとりもできますし、子どものために貯金にすることもできるようになりました。

注目情報

  • シアター気分で映像を楽しめる高画質リアビジョンのフリード専用カーナビはこちら。

Copyright (C)2014保険の見直しでラクラク家計再生!.All rights reserved.